ユニフォームの事務服は年齢層を考える

ユニフォームの事務服を用意しておけば、従業員が同じユニフォームを着て仕事をする事になり一体感が増してきます。これから新しく作るのであれば、従業員の意見も聞きながら選んでいくといいでしょう。ユニフォームの事務服を選ぶ時には、色やデザインなども重視していくようになりますが、一部の人の意見だけを取り入れて選んではいけません。事務員が複数人いる場合には、幅広い年齢層の人が働いているでしょう。

年齢層が広ければ広いほど、誰でも似合うデザインの事務服を選んでおかなければ、似合わない人が出てきてしまいます。鮮やかな色を選ぶと、事務所内が明るくなった感じがしますので華やかな印象がありますが、年齢が高い従業員にとっては抵抗がある可能性があります。自分の年齢に合わないような若々しいデザインだった場合、着るのに抵抗を感じるようになり、嫌がられるかもしれないからです。一部の従業員から不評だったとしても、新たに作り直すと経費がかさむ事になりますので、年齢を気にせずに着られるデザインを選んでおきましょう。

ある程度は候補を上げて担当者が選んで絞り込むようにし、その中から投票で選んでもらう事も出来ます。どれに決定しても問題ないようなデザインであれば大丈夫ですので、みんなの意見を取り入れながら、ベストなデザインを選ぶようにしましょう。最終的にみんなの意見を総合して決まったデザインであれば納得して着てもらう事が出来ます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*