これで安心!ロダン&フィールズ
2020年12月21日

正しい化粧品の選び方

化粧品を選ぶ際の基準は人それぞれです。価格や効果などを重視する方が多いです。どのような化粧品を使うかで肌の質や肌荒れも改善されることもあれば、余計にひどくなることがあります。そのためスキンケア用品選びはとても重要です。

人の肌は弱酸性です。そのためスキンケアも弱酸性であるべきです。しかし価格がリーズナブルなスキンケア用品はアルカリ性や中性のものが多く、肌荒れの原因になってしまいます。肌の水分バランスが崩れてしまうだけで乾燥肌や敏感肌、皮脂の分泌など様々な影響が出てしまいます。

そのため化粧水は3千円以上のものを使うようにし、この化粧品を基準に乳液などをそろえるとよいです。各メーカー、自社製品をそろえて使うことを前提に作っています。そのためバラバラの化粧品を使うと、本来の効果が半減してしまいます。そのため、クレンジングからクリームまで全て同じ製品で揃えたほうが効果を実感できます。

また、スキンケアの方法も重要です。いくら高級品を使っても使い方が間違っていたら意味がありません。まずクレンジングはマッサージをするようにメイクをオフします。洗顔は濃密な泡を泡立てて、泡パックをするだけで十分です。

どちらもゴシゴシ洗ってしまうと肌を傷つけるので注意が必要です、化粧水はコットンにとってひんやりするまでパッティングします。毛穴が引き締まり小顔効果や黒ズミの対策にもなります。あとは順番通りに塗ります。化粧品にはそれぞれ役割があるので1つでも削ったら意味がありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *