これで安心!ロダン&フィールズ
2020年12月6日

アトピー肌用の化粧品選び

外見を美しく演出してくれる化粧品の中には肌にとっては負担になる成分が含まれている場合があります。大抵の場合は皮膚や唇に塗りつけたとしても問題のない場合が大半ではあるのですが、肌が弱く荒れやすいタイプの人やアトピー肌で湿疹が出やすく、炎症が起こりやすい人は自分の肌と相性のいい化粧品を探すだけでも一苦労です。アトピー肌や敏感肌の人が化粧をする時に肌アレしてしまう原因が、化粧品の成分そのものや添加されている香料や界面活性剤、品質が長期間の使用で劣化しないように加えられている防腐剤などにあると言われています。少しでも肌にかかる負担を抑えつつ、化粧を楽しむにはその化粧品の中身についてよく調べてから購入するようにしなくてはいけません。

まず、当たり前ですがアトピー肌向け・敏感肌向けと銘打っているブランドのものを使うようにすることです。通常のものと比べても肌への負担が起きないように設計されていますし、アレルギー反応が起こらないように、材料から科学物質の無添加などの細かい点まで配慮されています。欲しい商品の中でアトピー肌向けというコンセプトが明確なもの以外を買いたい場合は、まず界面活性剤などを無添加であることを明示してあるものを選ぶようにすれば安心してしようできます。化粧落としも同様にこれらが無添加のものを使用するようにするとより肌へのケアにもなります。

植物由来の天然の材料で作られたものだとなおいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です