これで安心!ロダン&フィールズ
2020年10月12日

セラミド化粧水で赤ちゃん肌

この世で一番綺麗な肌と言えば、赤ちゃんの肌です。ハリがあり潤いもたっぷりで、指で押してもすぐに跳ね返ってきます。赤ちゃんの肌には、コーラゲンやセラミドがたっぷりと含まれているのです。生まれたばかりで、紫外線にあまり当たっていないので、細胞が傷ついていない肌といえます。

まだ肌の細胞が若いので、この時期は誰の肌でも綺麗です。しかし、年齢を重ねると徐々に細胞が老化していきます。外で紫外線にも当たり、色々な老化要因が出てきますので、年齢を重ねるうちにハリのない肌になってきてしまうのです。25歳がお肌の曲がり角と言われますが、それ以降は自分で努力をしなければ綺麗な肌を維持できません。

年齢と共に肌の弾力を支えるセラミドが減少していきます。減少していくことは防げないので、外側から補う必要があります。25歳過ぎた方には、セラミド化粧水を毎晩使うことをお勧めします。世の中には色々な化粧水が販売されていますが、乾燥肌や敏感肌の方は必ずセラミドの配合されたものを使いましょう。

敏感な肌はバリア機能が低いと言われています。十分な水分と油分のバランスが取れていないと、ニキビなど肌トラブルの原因にもなります。肌の奥の細胞を活性化することで、ハリのある肌になれますので、コラーゲンを支えるセラミド化粧水を使いましょう。毎日補うことで、徐々にハリのある滑らかな肌になります。

そして、化粧水で整えた後は水分を逃がさない為に、保湿クリームで保護しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *